音楽のこと、楽しいこと、日々のいろいろを書いています
    
あるある~!   
ずいぶん前のことですが
レンタルDVD屋さんに行ったら
コミックもレンタルされていて
こんなのを見つけたので借りてみました。

おにぎり通信 ~ダメママ日記~ 1 (愛蔵版コミックス)おにぎり通信 ~ダメママ日記~ 1 (愛蔵版コミックス)
(2013/05/10)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る


のだめカンタービレの作者 二ノ宮知子さんが
自身の子育てを書かれたものです。

息子さんが二人いらっしゃるのですが
このマンガに出てくる頃の年齢が
ウチの息子くんとそう離れていないこともあり
共感したり参考になったり・・・
とにかく笑ってしまって

ちょっとはまってしまい・・・

他にはないかなぁ~と探してみたら
なんと近所の図書館に
こんなものがありました。
ママはテンパリスト 1ママはテンパリスト 1
(2008/10/01)
東村 アキコ

商品詳細を見る


最近公開された映画「海月姫」の原作者、
東村アキコさんのこれまた子育てを書かれたものです。

こちらも息子さんで
今、読んでいる辺りの年齢が3~4歳。。。
同じくらいの年齢なのです。息子くんと。。。

偶然手に取った作品に出てくるのが
すべて男の子♪

もちろん、それぞれに個性があるので
違う部分もありますが

成長過程でみられる行動に
あるある~!!と共感したり
実際は息子くんより少し年上のお兄ちゃん達もいるので
これからこんな風になっていくかもしれないんだなぁ~と
想像をふくらませたり・・・

今の私にどんぴしゃりなのでしょう。。。

声を出して笑ってしまいます
絵?本   
前にも書きましたが
本をペラペラめくるのが好きらしい息子くん。

彼の前でじっくり読書をしようものなら
キラキラした目つきで私の本を狙ってきます

ということで
息子くんの前では
まるで絵本??のような??
さっと読めるものを選んでいます。

近頃ちょっと面白いなぁと思って
図書館から借りてきたのが・・・

からだにおいしい 野菜の便利帳からだにおいしい 野菜の便利帳
(2008/04/11)
不明

商品詳細を見る


いろんな野菜の栄養価や選び方、保存の仕方などなど・・・
様々なことが書いてありますが
野菜の写真がたくさん載っていて
カラフルです

見ているだけで
野菜に興味が沸いてきます
何やら読んでます   
本をぺらぺらめくるのが好きらしい息子くん。

笑ったり・・・
難しそうな顔をしたり・・・
神妙な顔つきだったり・・・

おっ!内容わかってるのかなぁ?
と思ってのぞき込むと
本を上下逆にして読んでいたり・・・
オットさんや私の本だったり・・・

そんな息子くんが特に読んでとよく要求するのが
この2冊です。

きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)
(1982/08/31)
五味 太郎

商品詳細を見る


もこ もこもこ (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本)もこ もこもこ (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本)
(1995/02)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る


「きんぎょがにげた」は
金魚が水槽から逃げて
とにかくいろんなところに隠れるのです。
絵の中から金魚を見つけ出すのも
楽しみな絵本。

そのカワイイ隠れ方に
私も読んでいて思わず大笑いしてしまったことがあります

「もこもこもこ」は
絵と
もこ とか しーん とか
そんな言葉のみで最初から最後まで続くものですが

もこ っと生まれた?らしき何かが
変化を遂げていきます。

鮮やかな色合いで
息子くんも目を輝かせるのですが
何度も何度も読むと
私もなんだかじわ~っと密かに感動を覚えてきます。
清須会議   
最近読んだ一冊です。

清須会議清須会議
(2012/06/27)
三谷 幸喜

商品詳細を見る


三谷幸喜さんの「清須会議」

本能寺の変で織田信長が亡くなった後の後継者問題
及び
領地の再配分に関する会議
「清洲会議」を元にしたお話ですが

この会議をきっかけに
羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が
台頭していく・・・

という流れが作られたことでも有名です。

大河ドラマで
この辺りの時代のお話のときは
いつもこの会議について
触れられていたので
なんとなく知ってはいたのですが

この小説は
会議が開かれるまでの数日間と
会議当日と・・・

という
短い時間を取り出して
その会議の関係者達の
思惑や動き、やりとりが描かれているのですが

コメディなので
思わず笑ってしまう部分や
人物像なんかも
「そんな感じの人だったかも・・・?
なんて
楽しい気分でどんどん読み進めることが出来ました

読んだ後・・・
関係者達に親近感がわいてきて
会議の結果を受けて
登場人物達のその後を
ついつい調べてしまった私です
またまた・・・   
最近、またまた図書館通いしています

夜な夜なパソコンから読みたい本を予約しては
その本達が用意され次第
息子くんをつれて
ほぼ毎日伺っています。

たぶん・・・
買うまではいかないかなぁ?
という本も
図書館なら積極的に??試し読みできるし
そうすると
一つのジャンルでも
いろ~んな考え方をのぞき見しているような気になって

ホ~ォ・・・
こんな考え方もあるんあだぁ~!

なんて感心しっぱなしです

それに。。。
なんだか本に囲まれてると
気持ちがかなりの満足度アップになります
女性側・男性側   
こんな本を読んでみました。

ガールガール
(2006/01/21)
奥田 英朗

商品詳細を見る

マドンナ (講談社文庫)マドンナ (講談社文庫)
(2005/12/15)
奥田 英朗

商品詳細を見る


ガールは最近、映画にもなりましたが
バリバリはたらくOLさん達の
会社や日常での出来事を。。。

マドンナは40歳代の働き盛りの男性達の
会社や生活のことなど。。。

私は会社員の経験がないので
なんだか新鮮な気持ちで
読み進めましたが

人間が集まることで起きる
いろんな人間関係の問題には

思わず…

うなづいたり
感心したり
勉強になったなぁ~と思ってみたり…

軽快に読める作品でした

大きくて静か   
最近読み終えた一冊です。


偉大なる、しゅららぼん偉大なる、しゅららぼん
(2011/04/26)
万城目 学

商品詳細を見る


プリンセストヨトミや鹿男あおによしなどを書かれた
万城目学さんの一冊です。

今回は琵琶湖周辺が舞台です。
湖から不思議な力を授けられ
代々その力を使って生きてきた一族と
また別の力を与えられ同じように生きてきたそれに敵対する一族。
そこにある事件が巻き起こり…

二つの家の次世代を担う高校生達が
その出来事に立ち向かって行く。。。

というお話なのですが

力を使い合う部分は派手だったりもしますが
高校生達の青春なお話も含まれていて…

その部分はカワイクて?ニコっとしてしまう一面も…( ´ ▽ ` )

最後はしんみりとしてしまう部分もあり…。

読み終わったあと穏やか~な気分になりました。
なんだかもう一度ジンワリと読んでみようかなぁ~
と思った作品です(^_^)☆

泣きを笑われる   
最近一人遊びが増えてきた息子くんの
横で読んだ一冊です。


つるかめ助産院つるかめ助産院
(2010/12/03)
小川 糸

商品詳細を見る


突然、結婚相手に失踪され
しかもその直後妊娠していることが分かった女性が
いろんな縁で出会った
ある島の助産院の先生やスタッフとの交流を通し
自分を見つめながらも
出産までの時を過ごし…

というお話なのですが

アッサリとした物語の終わり方には
ちょっとビックリしながらも

お腹の赤ちゃんが育っていく様子や
その中で主人公が気づいていくいろんな想いが
昨年の自分と重なり…
読んでいて
所々、泣きが入りました

すると…
何で泣いてるの?といった雰囲気で
ジィーっと私の顔を見つめる息子くん

「悲しくて泣いたんじゃなくて感動したんだよ~っ
と、息子くんに訴えると…

キャッキャと笑う息子くんの姿が…

言い方が面白かったのだと思いますが

一人で泣いたり
息子くんと笑ったり…

ワイワイ言いながらの
楽しい読書時間でした( ´ ▽ ` )ノ
復習がてら…   
復習がてら読んでみました。

だんじり母ちゃんとあかんたれヒロコだんじり母ちゃんとあかんたれヒロコ
(2011/10/27)
コシノ ヒロコ

商品詳細を見る

先月末までやっていた
朝ドラ「カーネーション」の主人公のモデルとなった
小篠綾子さんのことが綴られています。
著者は娘さんのコシノヒロコさん

読んでみると
ドラマ以上に豪快でフットワークの軽かった小篠綾子さん

おいくつになられても
新鮮さと面白いと感じるものへの興味を
キラキラとしたお気持ちで持ち続けていらっしゃるのが
とっても印象に残りました(^-^)

というか…
時には苦しかったり悲しかったりいろいろあったはずなのに
ドラマ同様…

明るい!!です。
こちらまでついつい笑い顔になります

読んでスカッとした一冊でしたo(^▽^)o

落ち着く…   
リラックスのツボは人それぞれですが…

私の場合は

「本!!」

というか

「本を眺める…」

ことが有効です

以前は
本屋さんにいるだけで幸せを味わっていました
何かを買うわけではなく
眺めるだけで落ち着きます

今はそれも少し難しいので
インターネットで面白そうな本を検索し…
図書館で予約をし…
土日に取りに行き…
じっくり眺める。。。

というのがパターンになりつつあります。

図書館の本だと
ちょっと心に引っかかる作品に
どんどんチャレンジしていけるので

本屋さん眺めより
さらに有効なリラックス方法かもしれません…
はまっています   
朝ドラをみて
あさイチをみる。。。

私の毎日の生活パターンですが

あさイチに時折出てこられるお掃除の達人がいらっしゃり、
その方が時折登場される雑誌を見つけ
図書館で借りてみました


かぞくのじかん 2011年 12月号 [雑誌]かぞくのじかん 2011年 12月号 [雑誌]
(2011/12/05)
不明

商品詳細を見る


「かぞくのじかん」という雑誌で
月刊ではなく三ヶ月に一度のようです。
上に載っているのは最新刊ですが
図書館ではバックナンバーも借りて読んでいます

お掃除や収納などももちろん出てきますが

私にとって何が魅力かというと…

やっぱり??
「お料理の数々」

素材を活かした
優しい味のものが多く
見ていてお腹が空いてきます

少し余裕が出てきたら挑戦したいなぁ~o(^▽^)o

なんて
お腹を鳴らしながら?(^◇^;)
毎日眺めています
ナニワモンスター   
最近、抱っこタイムの読書が
マイブームです

月曜日に一気に読んだのが。。。

ナニワ・モンスターナニワ・モンスター
(2011/04/21)
海堂 尊

商品詳細を見る


「ナニワモンスター」です。

ドラマ化もされた
「チームバチスタの栄光」や「ジェネラルルージュの凱旋」を書かれた
海堂尊さんの作品です。

今回は
新型インフルエンザをめぐる
情報操作によって
浪速という架空の都市の経済が大打撃をうけ…

それに立ち向かう人々

それを利用しようと裏で怪しい動きをとる人々

それに巻き込まれ苦しい思いをする人々

様々な立場の人々が絡み合って物語が進行していくのですが。。。

新型インフルエンザといえば
現実に流行した2年半前、
私は大阪でリサイタルを控えていて
インフルエンザにかかっては一大事!!!と、
常に気を張って生活していたことを思い出します

大阪も元気がなく…
観光地も人がまばら。。。なんていうニュースが流れていました。

その時のことがモデルになってもいるようなので
いろんなことを思い出しながらの読書でした。
ペンギン=??   
図書館でこんな本を借りたので
読んでみました。


ペンギンと暮らす (幻冬舎文庫)ペンギンと暮らす (幻冬舎文庫)
(2010/04)
小川 糸

商品詳細を見る


「食堂かたつむり」や「つるかめ助産院」などを書かれている
小川糸さんの日記です。
ペンギンを飼いたいけれど難しいので
ペンギンに体型が似ている(らしい)ご主人を
ここではペンギンとニックネームをつけて
登場させていらっしゃいます

食や暮らしをとても大切に丁寧にされている様子が
次々と現れて、なんだか読んでいて
ホッコリしてきます

これを読んでいると
食ものんびり丁寧にしたいなぁ…。
なんていろいろ振りかえったりしていました。

なんだかのんびり温かくなれた作品でした

VIVA!図書館   
何回かこのブログにも出てきた
私のお気に入りスポット 図書館

毎回、返して借りて…
を繰り返してきましたが

しばらくの間、
ちょっとお休みしてみようかなぁと思い、
ここ数日、図書館本無しで過ごしてみました。

……がっ

昨日も書いたように
行く先々で本屋さんに行きたい現象があらわれ

今日なんて古本屋さんもあわせて
三軒もハシゴしてしまいました

完全に禁断症状??

…ということで
図書館通いを復活

ちょっとだけ本を借りて
ウキウキ気分でに帰りました
海の底   
時折ホラー映画も観たりするオットさんが
怖そう!
という理由で購入した本です。
海の底海の底
(2005/06)
有川 浩

商品詳細を見る


先頃、映画が公開された「阪急電車」
昨年ドラマ化された「フリーター、家を買う。」などの原作も書かれた
有川浩さんの作品です。

舞台は横須賀。
突然襲ってきた未知の巨大生物によって
パニックになった基地や街を守る自衛隊、機動隊、警察が
それぞれの事情や法律によって
もどかしい思いをし続けるパートと

巨大生物に襲来されたことから
潜水艦内に立てこもらなくてはいけなくなった
海上自衛隊員と少年少女の様々な人間関係のパートに分かれながら
物語は進展していきます。

ありえなさそうな巨大生物が発端となる作品ですが
そのことによる自衛隊、機動隊、警察それぞれの動き方には考えさせられました。

一刻も早く民間人を助け
正常な状態に戻したいと思ってるのに
いろんな枠組みの中で動ける部分動けない部分があって
読んでいるこちらもついついもどかしくなってきてしまいます。

でもその話だけだと頭がいっぱいいっぱいになってしまいそうなところに

今がまさに青春まっさかりの少年少女達には
1週間近くの立てこもりの中での
微妙で繊細ないろんな心の動きがあって・・・

その下りには
胸がキュン
となったりします

有川さんの本は初めて読みましたが
他の作品も読んでみたくなりました

ところで・・・
有川さんはヒロシさんかとおもったらヒロさんで・・・
男性かと思っていたら女性なんですね!!
今回はお先に・・・   
だいぶ前に読んでいた一冊ですが・・・
なんと来週からドラマ化されるようです。
アリアドネの弾丸アリアドネの弾丸
(2010/09/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


「チームバチスタの栄光」
「ジェネラルルージュの凱旋」
などフジテレビで放送されていた
医療もののドラマです。

ドラマならではのオリジナルな部分もあるようですが

いつもは
ドラマを観てから
原作を読んで・・・

という順序だったのが

先に原作を読んでいるので
自分なりの想像と
ドラマとの比較も面白そうです

すでに・・・
あの役はこの俳優さんが演じるのかぁ~

なんて
一人で楽しんでいます
プレッシャー?   
図書館で借りてみました
タニアのドイツ式部屋づくり―小さな空間ですっきり暮らす整理・収納のコツタニアのドイツ式部屋づくり―小さな空間ですっきり暮らす整理・収納のコツ
(2007/08/30)
門倉 多仁亜

商品詳細を見る


門倉多仁亜さんは
以前NHKドイツ語講座でも
ドイツのお料理を作られたりしていて
その穏やかな雰囲気が好きだったりします

本でも心地よい空間作りというのを
心がけておられて
気分だけ
穏やか~
になっていたら・・・

おっ!!
我が家がドイツ式になるのっ?
なんか模様替えするのっ??


と、オットさんの声が・・・

いやいや
気分に浸っていただけで
こんなおしゃれな食卓にはならない予定ですが・・・

でも出来るところは
参考にしてみたいなぁ~。
なんて思ったりします
先ほどから・・・   
先ほどから

オットさんに変な顔をされています。
私がジーッとオットさんの顔を見つめるからです

理由はこれです!!
顔をみれば病気がわかる―隠れた不調を自分でチェックできる本顔をみれば病気がわかる―隠れた不調を自分でチェックできる本
(2004/06)
猪越 恭也

商品詳細を見る


今日、図書館で借りてみました

顔色から始まり
目の色(白眼部分の・・・)
吹き出物の出来る場所
爪、鼻、唇や舌の状態

などなどから
内臓の弱っている部分がわかる
・・・らしいのですが

なにぶん
今日の夕方借りてきたばかりなので

オットさんに

ちょっと舌を出してもらったり・・・
とか
白眼の部分をジーッと見てみたり・・・
とか
オットさんと私の爪を見比べてみたり・・・
とか

いろいろ研究して
遊んでしまいました

でも
確かに弱い部分は
当たっているような・・・

気がします。

東洋医学らしいのですが
なんだか面白そうです
  
大河ドラマの原作本を読みました

新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上
(2010/11/12)
田渕 久美子

商品詳細を見る
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中
(2010/11/12)
田渕 久美子

商品詳細を見る
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下
(2010/11/12)
田渕 久美子

商品詳細を見る


読みやすくて
一気に最後まで読んでしまいました

歴史を決定するような出来事に
江が度々顔を出し、意見するのが
読みすすめていくうちに

本当はどうだったのかなぁ??

なんて思いを持ったりしますが

織田信長から徳川家光にあたるまでの
歴史の流れも復習!出来たように思います
こんな旅行も楽しそう・・・   
こんな本を図書館で見つけました。
47都道府県 女ひとりで行ってみよう47都道府県 女ひとりで行ってみよう
(2008/06)
益田 ミリ

商品詳細を見る


47都道府県をまわっておられるのですが
訪れている場所が私のツボをつきました

奈良は東大寺や奈良公園ではなく

大和郡山の金魚資料館を観光していたり

大阪では
阪神タイガースが優勝した時期だったということもあってか
道頓堀で(よくニュースでやっている)男の人のダイブを見学していたり・・・

選ぶところがなんだか面白くて・・・

きっと全国をまわるのは大変だっただろうなぁ~
なんて思いますが

せっかく来たのだからメジャーなものを食べたり見たりしようかな?

という気持ちと
メジャーじゃなくてもなんとなくピン!ときたところに行こう!

という
気持ちのせめぎ合いみたいなのが
毎回垣間見られて

ページをめくるごとに
次はどこを選んだんだろう??
なんてニコニコしながら読んでいました
鴨川ホルモー   
昨年の秋に記事にしたプリンセストヨトミに引き続き
万城目学さんの書かれた本を読んでみました。

といってもすでに映画化されていて
書かれた順番も
今回ご紹介する作品の方が
先に世に出ているのですが・・・

鴨川ホルモー鴨川ホルモー
(2006/04)
万城目 学

商品詳細を見る

鴨川ホルモーです。

主人公の安倍くんは大学生。
あるサークルにひょんなことから参加することになります。

これがものすごく昔から行われていた集まりで
安倍くんの代でなんと500代目!!
(なんとなく計算してみると
1000年ほど前から行われていそうな気がします・・・)

何のサークルかというと
京都にある4つの大学で
「あるもの」を使いこなしながら
ホルモーというゲームをしながら
対抗戦を繰り広げていくものです。

「あるもの」やホルモーとは何なのか
そこに京都ならではといった感じで
陰陽道が関係しているのですが

そこは大学サークルのお話・・・
参加する個々の学生の
恋愛がからんでくるという
青春模様も描き出されています。

鴨川ホルモーは安倍くんの恋愛が主なストーリーなのですが

その周りの人々の恋愛模様も書かれているのが
ホルモー六景ホルモー六景
(2007/11)
万城目 学

商品詳細を見る

ホルモー六景です。

いづれも
京都の町並みが正確に書かれていて
しかも
対抗している4つの大学は
実際に京都にある大学です。

読みながら
知っている京都の風景がリアルに想像できて

今、対戦しているのはあそこかぁ~!

おっ!ここでこんなことをしているのね♪


なんてイメージしながらサクサク読みすすめました
すーちゃん   
すーちゃん (幻冬舎文庫 ま 10-2)すーちゃん (幻冬舎文庫 ま 10-2)
(2009/08)
益田 ミリ

商品詳細を見る


マンガです

カフェで働く30代女性のすーちゃんと
友達で営業マンとしてバリバリ働いている同じく30代のまいちゃんは

仕事で忙しい毎日を送りながら

寂しくなったり
笑ったり
ひがんだり
そんな自分に反省したり
美味しいものを食べて嬉しくなったり

ほのぼのとしながらも
いろんなことを精一杯感じています。
そのことがとっても穏やかに表現されていて・・・

すーちゃんとまいちゃんの
これからのことをめいいっぱい悩み、模索しながらも
丁寧に一歩ずつ歩いているその雰囲気が
肩の力をホワッと抜けさせてくれる・・・

そんな本です
永遠の0   
今年の夏に友人Kちゃんに紹介してもらって読んだ1冊です。
永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


主人公の青年とフリーライターの彼の姉は
太平洋戦争で亡くなったおじいちゃんのことを調べ始めます。
姉弟は、おじいちゃんが特攻で亡くなったという以外、
何も知らずに生きてきますが、
おじいちゃんの元戦友たちを訪ね歩いて調べている内に

戦争中のいろんな方の詳細な事情や
日本の技術力や
世界の動きなど・・・
平和な生活で今まで知ろうとしていなかった事実と共に

飛行技術はずば抜けて素晴らしい人だった
異常なまでに死を恐れた人だった
「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けていた人だった

今まで知らなかったおじいちゃんの姿が次々に浮かび上がり
そして、最後にはそんな彼が特攻を志願していた事実が出てきます。

あんなに「生きる」ことに執着していたのになぜ・・・?

そこにいろんなドラマが隠されています。

読みやすかったのも相まって
一気に読み終えましたが
その後、しばらく涙、涙、涙・・・でした。
ロスト・シンボル   
図書館で4月に予約して
先週ようやく借りることができました

ロスト・シンボル 上・下 2冊セットロスト・シンボル 上・下 2冊セット
(2010/03)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る


トム・ハンクス主演で映画化もされている
「ダヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続く
ラングドン教授が活躍するミステリーで第3弾になります。

今回は秘密結社のフリーメイソンをめぐる謎を追っています。

3作品とも読んでいるのですが
この作品も読み始めたら途中で止めることが出来ませんでした

実は、先の2作品は上巻で犯人が分かってしまったのですが・・・
この作品は、何人も犯人候補がいて
頭の中で探偵ごっこを繰り広げながらの読書でした

映画化もすでに決定しているようです。
私の興味としては・・・
登場人物の一人に日系アメリカ人のサトウという人がいるのですが
日本人が演じたらいいのになぁ~
なんて少し期待をしています
遅ればせながら   
ドラマはバッチリ観ていたのですが
こちらは最近読みました。
ゲゲゲの女房ゲゲゲの女房
(2008/03/07)
武良布枝

商品詳細を見る


初夏に図書館で予約していたのですが
やはり人気の本なので
順番が回ってくるまで時間がかかり・・・

でもおかげで
ドラマが終わってすぐというタイミングで
良い感じで復習が出来ました

ドラマの原作でもあるので
内容はほぼ同じように進んでいくのですが
文章がにこやかで穏やかで
とても読みやすくサクサクと進みました

それに・・・

人生は終わりよければすべてよし!!

という武良布枝さんのお言葉が
重みがあって
でもカラッとしていて
素敵だなぁ~

なんて感じました
プリンセス・トヨトミ   
え~!?こんなことありえるかなぁ?

と思いつつも
その話の面白さに
一気に読んでしまった1冊です
プリンセス・トヨトミプリンセス・トヨトミ
(2009/02/26)
万城目 学

商品詳細を見る


大阪の歴史を背景に書かれた小説です。

江戸時代の辺りから現代まで
大阪の男の人たちは
「何か」を秘密裏にずっと守り通してきました。
(「何か」はタイトルにも通じたりしますが・・・

どのくらいの規模の人かというと・・・
大阪に根付いている人たち、そして大阪出身の人たちほぼ全員です

それだけ本当に大勢の人たちが
何百年もの間
どうやって秘密を保ち
どのようにしてその秘密を受け継いできたのか。

そこにとっても温かい気持ちを感じます

そしてやがて事件が起こり
大阪の男の人たちは「あること」を実行します・・・・・・

え~!?
ホントにあったらすごい~っっっ!!

と感じながらも

もし大阪に居たら
ついつい近くの男の人をチェックしたくなりそうな・・・

不思議なお話でした

来年、映画化もされるそうです

ドラえもんの・・・   
今日は

ドラえもんのお誕生日だそうです
(生まれ年は2112年なのだそう・・・)

しかも金曜日なのでテレビ放映も今日ありますね!
スペシャル番組をされるのだとか

子どもの頃、毎週の放送を必死になって観てたなぁ~

実は、結婚前にもドラえもんにはお世話になりました

というのは・・・
映画ドラえもんのび太の結婚前夜/おばあちゃんの思い出 新装完 (てんとう虫コミックスアニメ版 映画ドラえもん Vol.)映画ドラえもんのび太の結婚前夜/おばあちゃんの思い出 新装完 (てんとう虫コミックスアニメ版 映画ドラえもん Vol.)
(2004/11/25)
藤子 不二雄F

商品詳細を見る

↑↑このマンガです

今から2年ほど前、テレビでお勧めの本として紹介されていました。
それから少しして結婚が決まった頃・・・
本屋さんで見つけて読んでみました

のび太くんとしずかちゃんの結婚式前夜の様子を
ドラえもんと小学生ののび太くんがタイムマシーンに乗って見に来る
という話なのですが

大人になったのび太くんは
優しい心をさらにさらに膨らませた
温かい気持ちを持った人として成長していました。

そんなのび太くんのことを
しずかちゃんに穏やかに語る
しずかちゃんのお父さんのセリフに
ジーンときます。

もう一つのお話
「おばあちゃんの思い出」も
のび太くんがおばあちゃんやお母さんから愛されて育ったんだなぁ~
というのがしみじみ伝わってきます

大人になってからも
ドラえもんっていいなぁ
と感じた1冊です
すばらしいおむすび   
最近読んだ1冊です。
おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
(2005/07/20)
佐藤 初女

商品詳細を見る


著者の佐藤 初女(さとう はつめ)さんは、
青森県で「森のイスキア」という
悩みや問題を抱え込んだ人たちを受け入れて
痛みを分かち合う癒しの場を主宰されています。

その場では素朴な素材の味をそのままに頂く・・・
素材にもいたわりと敬意をはらう・・・
という「食」と心の関係を大変大切にされていらっしゃる方でもあるそうです。

本を通じて
いつも感謝の気持ちを持たれていること
愛情と手間をかけることを何があって惜しまないこと

この二つが私の心にとってもしみました

大切でシンプルな言葉がたくさん詰まっている・・・
そんな1冊です

ほっこりする料理本   
LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。 (ほぼ日ブックス #)LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。 (ほぼ日ブックス #)
(2009/03/12)
飯島 奈美重松 清

商品詳細を見る


最近読んだのがこの本です。
途中にエッセイも入っていたりするので
レシピや作り方を見るのと
文章を読むのと
両方がぎっしりつまった本です。

この本のお料理を作られた飯島奈美さんは

「かもめ食堂」や「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」などの映画やCMや
今だと、観月ありささん主演で火曜日に放送されているNHKドラマ「天使のわけまえ」の
フードスタイリストを勤められているそうです。

載っているお料理は
鶏のからあげやナポリタンなど
シンプルなもので
とても丁寧に作られています。

ページをめくる度に
ほっこりして
のんびりして
気持ちが落ち着く一冊です

読む角度が・・・   
最近、繰り返し読んでいます。
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
(2008/02/22)
羽海野 チカ

商品詳細を見る


中学生でプロ棋士になった現在高校生の男の子と
ふとしたことで知り合った3姉妹との交流を描いていますが

将棋の試合で出会う人たち
男の子を取り巻く人々

みんながいろんな問題を抱えて
そのことに向き合ったり
もがいたりして生きている・・・

簡単に言ってしまうとそういうストーリーなのですが

元々、将棋好きのオットさんからすすめられた1冊で
私が将棋に親しめるように・・・

と思ったらしいのですが

私は3姉妹の長女さんの
柔らかいけど芯が強いその性格と
穏やかで丁寧な暮らしぶりに

胸がキュン

となり・・・

あこがれてしまっています

オットさんの思惑とは
外れているような・・・

なにはともあれ
最近のお気に入りです