音楽のこと、楽しいこと、日々のいろいろを書いています
    
のうだま   
のうだま―やる気の秘密のうだま―やる気の秘密
(2008/12)
上大岡 トメ池谷 裕二

商品詳細を見る


本屋さんで偶然見つけ、表紙のクダケた感じが面白く手に取った本です

書かれたのは、
キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法 (幻冬舎文庫) が大ヒットした上大岡トメさん
海馬―脳は疲れない (新潮文庫)など数々の著書もある脳の研究者、池谷裕二さん

へぇ~っっっ!と思ったのが

やる気は迎えに行くことで出る!
というものでした。
まずは体を動かしてしまうことでやる気は起こってくるそうです。

例えば・・・
弾く気が起こらなくてもとにかくピアノの前に座ってしまう・・・とか
(これは、我が家にレッスンに通ってきてくれてる生徒ちゃん達に使えそう
起きる時間になったらとにかく布団を剥いでしまう・・・とか
(これは明日からの私に使える・・・かな?

とにかく机にむかってしまう。 →勉強する人?
まずは台所にたってしまう。 →家事をする人?
とりあえずは歩いてしまう。 →やりたいことがわからないけど何かやってみたい人?

なんていうのもありました。

あとは

口角をあげてしまう
っていうのも良いなぁと思いました。

こうすると脳が あっ!笑ってるんだ!と勘違いをしてくれ、
楽しい気分を引き起こしてくれることがあるそうです。

落ち込んだときとか緊張したときに使えるかも・・・

自分のピアノの練習にも、レッスンをする際にも
ヒントになることがたくさんつまっているなぁ・・・

と感じた本でした
小浜!2   
またまた小浜で失礼します

昨日の帰り道・・・
おみやげ屋さんで 恐竜に出会えるよ!!
なんてお知らせを発見しました。しかも3月29日!昨日まで!!

これも何かの縁と若狭歴史民俗資料館に立ち寄りました

恐竜とは・・・福井県立恐竜博物館の展示物が一部移動しての特別展示会でした。
それももちろん!迫力があってすごかったのですが

ついでに立ち寄った(失礼ですねごめんなさい・・・資料館さま。。。)
若狭の歴史が展示してある部屋で何度か見かけた「奈良」の文字・・・・

ん??なら?って・・・あの奈良??

って不思議でした。

こんな時は調べてみるに限る!!
といろいろ見てみると・・・

なんと奈良市と小浜市は姉妹都市だったのです
知らなかったぁ

昔々。。。ヤマト王権の日本海側入口として盛えて来たため、
奈良時代からの文化財も多く残っているそうです。
伝承や文献などもたくさんあり
「海のある奈良」なんて呼ばれることもあったとか・・・


3月に奈良の東大寺で実施されるお水取りの水は、
若狭から運ばれたという話も伝わっているそうです。

ふぅぅぅぅぅん・・・・・ 
奈良と小浜ってそんなに縁があったのね・・


そして、1951年3月30日・つまり58年前の今日は
小浜町が他のいろいろな町と合併して小浜市になったお誕生日でもあるそうです

小浜と奈良と奈良人とのちょっぴり面白い縁を感じました
小浜!   

この週末を利用して、お友達4人で福井県の小浜へ行ってきました

途中でこんなところに寄っていただきました。

20093297.jpg 

 京都の美山町のかやぶきの里です
のどかぁ~ぁぁぁぁな風景がひろがっていました。

20093294.jpg ← ポストも懐かしい感じです

京都と若狭の中間地であるこの辺りは、昔から人の行き来も多く
建築様式や生活スタイルは、いろいろな地域の影響を受けたそうです。
建築のことを知ってたらその辺りも楽しめそうですね♪
でもでも!見てるだけでも充分のんびりできました

そんなこんなで、いよいよ小浜に到着!した後は
宿に直行

そして・・・
いよいよ今回の旅のメインイベント
お食事会(・・・飲み会ですね)の始まり始まり~

20093296.jpg

 ↑↑↑ これ・・・4人分です

実はこの旅行のメンバー・・・
時々、集まってはおしゃべりしているのですが、

いつも、かなりの時間しゃべっているにもかかわらず・・・
時間が足りない!
もっとしゃべりたい!!
(もっと飲みたい???


という理由もあって??の旅行なので
喋る際に必要不可欠なお料理の美味しさは
絶対条件でした

という訳で
揚げ物、煮物、焼き物・・・魚料理のオンパレードのこのお宿のお食事は
かなり条件クリアでとっても満喫できました。
働いている皆さんも温かくて面白くてお話上手!!

とっても楽しくて
常に笑いっぱなしで
良いリフレッシュが出来ました

明日から、気合い入れて進んでいけそうです



そして今日・・・
帰る道すがら、私個人がこの旅で目標にしていた
こんなミーハーなものもゲットしました
20093292.jpg 20093291.jpg

またまた・・・   

こんなものが生まれていました405

ツボにはまってしまったため411356

思わずパチリ212352352

2009328.jpg 

クタろうなんて名前がすでに付けられていました。

クタクタしているかららしいです410

のぞき込んでいるのは、お友達から戴いて、最近私が可愛がっている子ブタのイタちゃんです16

リサイタル その2:リサイタルとコンサート   
リサイタルのご連絡、少しずついただいております♪
ありがとうございます

その中でこんな質問をいただきました。

リサイタルとコンサートって何が違うの・・・?

簡単に言ってしまうと・・・

リサイタル→ 一人もしくはごく少人数で開く演奏会
コンサート→ 複数の人々で催す演奏会


を意味します。

リサイタル=Recital は、独奏会、独唱会という意味もあるのですが、
暗唱とか朗読って意味もあるそうです。
1840年にフランツ・リストが開いたピアノ独奏会で「リサイタル」という言葉が初めて使われたようです。

そして
コンサート=Concert は演奏会という意味の他に協力調和という意味もあるそうです。
イタリア語では争う競うなんて意味もあるとか・・・
いずれにせよ複数の人々で何かをするという意味合いが含まれているんですね・・・


だから

子どもの頃毎週のように観ていたドラえもんの中で
ジャイアンが空き地で開いていたのは
リサイタル だったんだなぁ~と(なっていたはず・・・確か
妙に納得した私でした
リサイタル その1:チラシが・・・   

5月30日に予定しているピアノリサイタルのチラシです


写真撮影 でも書いた決死な思いの小顔狙いと腕隠し・・・

がんばってみましたがこんな感じです411

 

ただいまご案内をさせていただいている途中ではありますが

なにぶん行き届かないこともあるかと思います13436

 ♪ 「案内届いてないぞ~!412」などという場合・・・

♪♪ そして、その他にも「聴いてみたい!興味ある!!352352」と思われる方・・・

右下にございますメールフォームからお知らせ下されば

案内させていただきますので

メールをいただければ幸いです354

 

・・・そして

今日のタイトルのリサイタル「その1」・・・

今後

プログラムに入っている曲の話、練習の話等々

その2、その3・・・と時をみて連ねてみたいと思いますので

またまたブログにもお立ち寄り下さい♪

 

まだまだ先の話と思っていたら

近づいてきてます・・・

確実に352

 

キャーッ 355355

がんばります!!

春が来た・・・   

今年のさくらの開花は早い!!

そんな声をあちこちで聞きますね。

奈良市内で最も早く咲くという氷室神社のしだれ桜・・・

今年もキレイに咲きました410352

2009324.jpg

春がすぐそこまで来ています411

気持ちの連鎖   

私が受けた話ではないのですが・・・356

 

人に攻撃的な気持ちを向けると・・・

 

怒りで返す人もいます412

困ってしまう人もいます404

萎縮してしまう人もいます399

そのことがなかったことかのように一見笑顔で返す人もいます389

 

でも・・・

どれも気持ちのいいものではありません…

 

心が

ズシン・・・

となります。

 

そして・・・

攻撃を受けてしまった人が、そのことをどんなに隠しても

気づく人は気づきます。

 

そして・・・

気づいた人も

ズシン・・・

という気持ちを抱えます。

 

そして・・・

そのズシン・・・

少しずつ周りに連鎖して・・・・

 

今日、そんな現場を見てしまいました。

攻撃した人は1人対1人の話として

発信したのだと思います。

 

それで表立って何かが起こったわけではありません。

これからも起こらないでしょう。

 

だけど・・・

みんなの心にズシン・・・が連鎖したのを感じた時・・・

私は少し哀しくなりました。

 

嬉しくも哀しくも気持ちは連鎖する・・・

いろんなことを感じました。

ヨーガ   
NHKの「おしゃれ工房」(教育テレビ 月~木 午前11:30~11:55)で

ヨーガですっきりボディ!

なんて、魅力的な番組を放送してたのを発見!
(放送されたのは、3月5日、12日です。)
録画してたのを観てみました。

第1週目は 「正しい姿勢をマスター」 というテーマでした。

姿勢が悪いと下ばっかり向いて気持ちもついつい下向きになりますね・・・

なんて、先生のお言葉に・・・
ドキッ・・・

ももの内側と下腹に力を入れるという正しい姿勢のとり方を早速見よう見まねでやってみました。
その後は、 「立ち木のポーズ」「バッタのポーズ」「太鼓橋のポーズ」なる
いろんなポーズへ・・・

ただでさえ、固い体なのに・・・
イテテテ・・・

となりかけると、

痛くなる一歩手前で動きを止めてくださいね♪
それが一番体に効きますよ~!


なんて・・・
どこかで私を覗いていたのか! 
と思うほどの良いタイミングでフォローが入ります。

すっかり気をよくして
第2週目も観てみると・・・

今度は「呼吸法」 でした。

胸式呼吸腹式呼吸、二つを合わせた完全呼吸を・・・
そしてまたまたポーズの練習を・・・

気持ちよい程度で動きを止めながら
毎日気に入ったポーズ一つだけでもいいですから
少しずつすると体がほぐれていきますよ~!


なんて、またまたモノグサな私にピッタリのお言葉が・・・

先生、ウマイなぁ~

ちょっとずつやってみようかな・・・
神戸のみなさま・・・こんにちは   
学生の頃・・・

私は『自称』乗り換えの達人でした

乗り換えとは・・・
電車です

奈良って電車だと、どこへ行くにもほとんどの場所で
乗り換えしないとたどり着きません。

大阪のキタへも、京都の河原町へも、そして神戸へも・・・

もちろん一本で行ける場所も少しはありますが、
微妙に仕事場所や行動範囲と違ってて・・・
(ごくごく個人的な話ですが・・・)

大学の時は、2回乗り換えコースでした。
乗り換えの連絡のタイミングが良い時と悪い時の
移動時間の差は結構あって

最短時間で行くためにいろいろ研究したのを覚えています

そして・・・
え~いっっ! 
乗り換えせずに一本で行けるようになって~!!


なんて密かに願ったものです

その願っていた路線ではないのですが・・・

今日から近鉄電車と阪神電車が手を結び・・・
奈良から神戸へ一直線で行けるようになりますね!

最寄り駅から電車に乗ったら座りっぱなしで
そのまま神戸まで行けるなんて・・・

ありがたいかも・・・

近々乗ってみたいなぁと思います
おめでとうございます♪   
今日は、多くの小学校で卒業式が行われます。

Tくん、Mちゃんおめでとうございます!

数日前になるけど・・・

中学卒業のSちゃん、そしてTくんのお姉ちゃんのNちゃん
おめでとうございます!

ここで一つの区切りがついて
新しい生活が始まりますね♪

新しいことに向かうときって・・・
ドキドキすることもあるでしょうし
ワクワクすることもタクサンあると思います。

うさぎのようにビューンっっっっって駆け抜けても良いし
かめのようにゆっくりじっくりでも良いし

何より笑いながら毎日を過ごしていけますように・・・
笑えない日があっても無理をせず
まっ、こんな日もあっても良いかぁ~って
マイペースで進んで行けたら良いなぁ・・・

・・・なんて・・・
ちょっと、自分に言い聞かせたりして・・・

とにかく!レッスンで、またまた新しい生活の話を聞かせてもらうのを
楽しみにしてますね

何かを卒業してこれから新しい何かに向かうみなさまにも・・・

笑顔なことが沢山待っていますように
竹炭黒豆   
今朝、母の友人からこのようなものを戴きました。

2009317.jpg その名も・・・ 竹炭黒豆


竹炭と黒豆かぁ・・・
その組み合わせを見たのは初めてでした。

袋を開けた瞬間・・・

く、くろい・・・

お豆の黒さだけじゃなくて

黒がとってもキレイです

まさに竹炭!!

味は塩味がかったお豆で

食べやすい~

父が袋ごと抱え込んで独占したい!って言ったくらい・・・

でも・・・
ちゃんと家族みんなでいただきました
永井路子さんの本   
私が子どもの頃・・・
歴史の人は、なんだかとてつもなくお偉い人で、
みんなスーパーマンなんだと思っていた時期がありました。

そんな時、母の本棚にあった↓↓この本を読みました。
歴史をさわがせた女たち 日本篇 (文春文庫)歴史をさわがせた女たち 日本篇 (文春文庫)
(2003/06)
永井 路子

商品詳細を見る


歴史上の女性を数多く登場させ、
その生き方を親しみやすく、くだけた文章で紹介されていました。
彼女たちは、とっても人間くさく、活き活きと描かれていました。

なんだぁ~!
歴史の人
も悩んだり、たわいもないことで怒ったり、
普通の人と同じようなことで喜んだりするんだなぁ~

なんて、歴史がとっても身近なものに感じられたのを覚えています。


先日・・・
古本屋さんで↓↓この本を見つけ、懐かしさのあまり購入してみました
2009316.jpg

清少納言紫式部のライバル関係を
センスもあって勘がよいけどおっちょこちょいで自分が大好きな人
博学で思慮深いけど周りに相当厳しい人という二人が同じ職場にいたらどうなるか
なんて・・・
なんだか現代でもよくありそうな図式に置き換えていたり

春日局なんて・・・
タイトルが 過保護ママ代行 になっていました


感想を書くと、

フフフと笑える感じもあって
面白かったです

もちろん永井路子さんの好き嫌いも入っているでしょうし、
斬新だぁ~!と思うこともありますが

頭がやわらかくなった気がして・・・

なんだかフッと肩の力を抜いてくれる一冊でした
カフェ♪   
今日は、お昼から妹とショッピングへ

姉妹で出かけると必ず途中で お茶するのが恒例です

今日は、大阪駅前のヨドバシビル内にある カフェコムサ

ストロベリーフェアなるものが催されていて・・・

20093152.jpg 私は ストロベリーティラミス

妹はイチゴといちじくのタルト 20093151.jpg

をいただきました

おいしかったぁぁぁぁぁ!!!

のは、モチロン!なのですが

ホント・・・
よくしゃべりました・・・
(8割が私の独演会という説もありますが・・・)

姉妹って大人になるにつれ
よい友達?感覚になれたり・・・
なんだかとっても不思議で面白くて楽しい存在です
乙女の祈り   
先日、生徒さんのTさんから・・・

「乙女の祈り」を作曲したバダジェフスカって他にどんな曲を書かれたんですか?

と質問がありました。

確か・・・何曲かは作っていたような覚えがあったのですが・・・
今でもみなさんに広く知られている曲はこの1曲だと思います。


なんて答えてみたものの・・・

これではちゃんとした答えになってない~

というか、出身地やかなりなざっくりとしたこと以外、知らない自分に
これはイカン!!

と調べてみました。

ポーランド出身の女性作曲家・ピアニストのバダジェフスカは、
1834年に生まれ(1838年とする説もあるそうです。)1861年に亡くなられています。
27年(または23年)という生涯なんですね・・・

18歳の時に作曲し出版した「乙女の祈り」が、1859年にパリの音楽雑誌に掲載され、
評判になり、世界中で有名になったそうです。
重版をかさね、100万部以上売れたとか・・・

スゴイ・・・

彼女自身は、この曲を作曲した後、結婚し5人の子供がいたそうです。

ご主人は何をされていた方だったのかなぁ・・・
なんて思っていたら、

彼女に関する作品や資料については
第二次世界大戦等により大半が消失したと書いてありました

そういう理由もあり、現在では「乙女の祈り」以外はほとんど知られていないそうですが、
それ以外の小品も含めた作品を録音したCDが、1年半程前に出たようです。


かなえられた乙女の祈り~バダジェフスカ作品集かなえられた乙女の祈り~バダジェフスカ作品集
(2007/10/24)
チャプリーナ(ユリヤ)

商品詳細を見る


ちなみに・・・
彼女のお墓には
「乙女の祈り」の楽譜を持った女性の像が飾られているそうです
馬酔木   

2009312.jpg

馬酔木(あせび)の花が咲いていました


「あしび」とも呼ばれるこの花は、
馬が葉を食べれば苦しんで足がなえるということから
派生していき、馬酔木という漢字が使われているようです。

古くから日本に存在し、
万葉集にも登場しています

 



♯ ♯ ♯

ウィキペディアによると・・・
「多くの草食ほ乳類は食べるのを避け、食べ残される。
そのため、草食動物の多い地域では、この木が目立って多くなることがある。

たとえば、奈良公園では、
シカが他の木を食べ、この木を食べないため、アセビが相対的に多くなっている・・・」

そこまでよんで・・・

なるほど~!
と思いました。



だってだって・・・
奈良公園には、本当に馬酔木の花が多いんです

わざとたくさん植えてるかとおもってましたぁ~! 7

逆だったのかぁ・・・13


勉強になりました

元気がでました!   
今日は普段、短大でもご一緒しているピアニスト・織田寛子さんのリサイタルが
宝塚ベガホールでありました。

ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」・「月光」・「熱情」というプログラムで
曲目解説も織田さんご本人による、
とても読みやすく親しみのもてる分かりやすいものでした

とっても勝手な感想ですが・・・

曲のことを先の先まで見渡せている感じ
ご本人も解説に書かれていた
「各ソナタの2楽章などから叙情的な美しさや情感溢れる安らぎも感じて・・・」
が充分に伝わってくる音色

とっても心地よい時間を過ごさせてもらえたなぁ・・・

とは、すぐに思ったのですが・・・

それどころか、リサイタルが終演し、
電車で帰宅する道すがら
今朝からちょっぴり元気のなかった自分の中に
どんどんエネルギーが湧いてくるのが分かりました。

夜に元気になったら、また寝られなくなる~!・・・かな?

とにかく・・
とってもかっこよかった!織田さん
心・・・   
昨日の夜(今日の深夜というべきでしょうか?)・・・
全く寝られず!

そこでテレビでも観ようとチャンネルを回したら
NHN プロフェッショナル 仕事の流儀の再放送をしてました。

毎回様々な分野のプロをゲストに招き密着したVTRを観ながら
インタビューをしていくというものなのですが、
今回のゲストは認知症のお年寄りの介護をされている大谷るみ子さんという女性でした。
福岡県大牟田市でグループホームのホーム長を務められているそうです。

番組では

心は生きている

「あなたは大切な人」

心に向き合うのが、仕事

という、大谷さんが常に大切にされている言葉とともに
VTRが流され、進行されていました。

番組の素晴らしさもさることながら
私がなにより釘付けになったのが

大谷さんの笑顔でした。

大谷さんがTVに写った瞬間
ニコッと可愛い笑みで、潤んだ瞳で・・・
何とも言えずとっても穏やかなのです。

なんだか無性に惹きつけられる笑顔をしていらっしゃるのです

どうしたらこんな笑顔になるんだろう・・・って・・・

本当に心にしみる笑顔をしていらっしゃるのです。

内面が滲み出るってこういうことをいうのではないのかしら・・・

なんて・・
いろいろ感じさせられた45分間でした。

ちなみに心がいっぱいになってしまった私は
さらに目が冴えてしまい・・・
明け方までボォ~っと起きることになるのですが・・・

でもでも!
本当によかったぁと思いました。
どっち・・・?   
仕事で京都や大阪に移動していると、
ものすごくこんがらがることが・・・
それは、

エスカレーターの乗り方です

大阪は、右側の人は立ち止まり、左側は歩いて登っていくなんて暗黙のルールがあり・・・ 
京都は、左側で立ち止まり、右側を歩いていく人がとっても多いです。

なんでも・・・
大阪はアメリカやイギリスと同じような乗り方なのだとか・・・

京都は東京と同じです。


関西の中で違うんですよね・・・

だから・・・
新大阪から東京へ行って京都に帰ってきたりすると

んっっ?
あれっ?
どうだったっけ?

なんてことが時々起こったりします


もともとは、エスカレーターの正しい乗り方として、
片側をあけないで乗ることが基本だそうです。
エスカレーターでは、歩かず立ち止まるのがよいなんてありました。

遅まきながら・・・はじめて知りました
それでかなぁ・・・
最近は、一人分の幅しかないエスカレーターもどんどん増えてきてますね
花粉症記念日・・・?   
今日、3月7日は・・・

花粉症記念日

だそうです。

ん??なんだこれは??
と思って調べて見ましたが・・・

16年前に気象庁とNPOの花粉情報協会が花粉情報を出すのを決めた日。
というのが由来としてあげられていました。

へぇぇぇぇぇ~

と思いながらも、花粉症の方々にはちょっと苦々しい記念日ですね

花粉症については、すでに・・・

紀元前500年ごろ、ヒポクラテスの著書にてそれらしきことが述べられていたり・・・
紀元前100年ごろ、中国の記録で春になると鼻水および鼻詰まりがよくある
とのことが示されていたり・・・

そんな大昔から、花粉症ってあったんだなぁ・・・

なんて歴史を感じていると・・・

ハクシュンッッッ

なんて音が・・・


そう・・・
私の周りにもとっても多いんです。
花粉症・・・

そういう私も昨年から

あれっ?これってもしかして・・・

と微妙に花粉症・・・ギミ??
(少し鼻がむずがゆいくらいなので判断がムズカシイ・・・

とにかくマスクと手洗いとうがいと・・・

気をつけたいです!!!
思わず・・・   
先日、電車に乗っていたら

Hu Hu Hu・・・
という密かな笑い声が・・・

顔を上げると横に座っていた外国人のお兄さんが
本を読んで笑っていました

面白い本を読んでいるんだなぁと思った矢先・・・

Haa~ Haa~ Haa~

と手を叩いて大笑いしだしたお兄さん

んっ?何の本かなぁ?
と好奇心でチラッと覗くと
かなり字のギッシリと詰まった英語の本でした・・・

たまに、 「電車の中で読まないでください。笑いをこらえるのが大変です!」
なんて宣伝されている本を見かけます。

私もそんな本を電車の中で読んだことあるけど・・・
確かに笑いをかみ殺すのに必死になったけど・・・
なんとかかみ殺せたなぁ・・・

国籍の違い?
性格の違い?
もあるのでしょうか??

でもでも!我慢できなかったほど面白い本って・・・

何の本っっっっっっ
知りたいっっっ!!!

とかなり興味を持った笑い大好きのカンサイジンの私・・・

でも結果は・・・

あっ!英語何にも出てこない・・・

と緊張して聞けなかった ニホンジンの私でした
学生時代♪   
昨日は大学時代の友人、Kちゃん、Nちゃん、Mちゃんと会いました。
みんな1年ぶりから4年ぶり!!の人もいたりして

久しぶり~!!まったく変わってないね~!その性格

・・・って・・・
成長してないってことぉ~っっ!!

などと言いながら、とにかくお喋りしっぱなしであっという間に時間は過ぎていきました。


思い出話にあちこちで花が咲きつつも・・・

いろんなことを笑い飛ばしながら
よりより強く、しなやかになっている彼女たちに

ものすごく!!!元気をもらえました 

日頃のいろ~んなことも一気に吹っ飛んで
ホントにスッキリ爽やかな気分で帰って来られました

昔からの友達に会うと、一気に出会った頃の気持ちに戻れると言いますが・・・
戻れただけじゃなくて
それ以上のたくさんの刺激をもらえた気がします
桜・・・   
このところ紅茶、しかもルピシアの商品を飲む機会が偶然ながら多いです

我が家で定番になりつつあるのが「バースディ」
ルピシア バースデイルピシア バースデイ
()
不明

商品詳細を見る

見た目も鮮やかなのですが、お花の香りも味もとっても良い気分になれます

最近、お友達のおうちでいただいたのが「マロンショコラ」
ルピシア マロンショコラ(S 袋入)ルピシア マロンショコラ(S 袋入)
()
不明

商品詳細を見る

香りはカカオミルクティーでいただくのが合うとのことで、
実際ミルクを入れると爽やかなココア?マロンの味もほんのりと・・・
甘みも感じられとっても美味しかったです

そして・・・
今日、始めて飲んだその名も「サクラ」
ルピシア サクラ(S 袋入)ルピシア サクラ(S 袋入)
()
不明

商品詳細を見る

見た目は葉っぱですが桜の香りと少しお番茶風・・・?な感じが
洋菓子と和菓子、両方に合ってました。
(だからというわけではありませんが、洋菓子と和菓子、両方を食しながら・・・でした

気づけば周りはサクラの紅茶とか、サクラの蜂蜜とか・・・
桃の節句も終わり、登場し始めたようです。
春だ!春っっっっっ!
うれしいな・・・
ひな祭り   

あかりをつけましょぼんぼりに~♪ 

なんていう歌声がいろんなところから流れているのではないでしょうか・・・


今日はひな祭りですね410

我が家でも・・・

2009303.jpg 

チラシ寿司なぞを食べてみました411

 

ところで

このお祭りの日によく見かける菱餅や雛あられの白・青・桃の3色って

白・・雪の大地276352

青・・木々の芽吹き478352

桃・・生命343352

を表すのだそうです。

この3色のお菓子を食すことで自然のエネルギーを授かり、
健やかに成長できるという意味があるのだとか・・・

(お陰様で??かなり健やかに成長している私です

こういう子どもの成長の祝い方や季節の感じ方に・・・

 

252 っていいなぁ~


と思う私でした410

白洲次郎   
先週、NHKで放送されたNHKドラマスペシャル 白洲次郎を観ました。

白洲次郎といえば、
第2次世界大戦終戦直後、GHQ支配下の日本で吉田茂の側近として活躍し、
日本国憲法誕生の現場に立ち会い・・・

独自の考え方や筋の通し方から、
その生き方の鮮やかさ
何年か前からいろいろなところで取り上げられていて
私も彼を取り上げた本を読んだことがあります。

今、ちょうど私が読んでいる本が、
彼の奥様で随筆家でもある白洲正子の書いた本で
個人的にちょっとタイムリーでした。

正子さんの書かれた本を読んだのは初めてなのですが、
とっても繊細で美しいなぁと感じる感性と
違う!って感じることをバサァッ!と嫌味なく爽やかに書ききる潔い感じが面白くって・・・

ドラマもそんな二人の鮮やかさと潔さを描きながらも
自分の思いとは裏腹に日本が戦争へ突入していき
そのことも含め苦悩する様子もあったりして・・・
3回完結ドラマの第1回目だったのですが、

次はどうなるの~っっっっっっっっ!!!

と結構夢中になってしまいました

次回は今週土曜日に放映されるようです。
それも楽しみなのですが・・・

そんなお父さん、お母さんと暮らしたお子さんのお気持ちってどうだったんだろうなぁ・・・
なんとなくフイに興味が湧いてきました。

実際、お嬢さんから見たお二人の様子が書かれた本もあるようです。

しばらく私の中でブームが続きそうです
神苑   

少し前の話になりますが・・・
家族で春日大社の神苑へ行きました。

20093011.jpg

 

20093012.jpg  20093015.jpg

自然を自然のまま生かし、

自然のままを一般公開することを目的にしているそうです。

20093013.jpg 

浮舞台もあり・・・

時期によっては雅楽の数々も奉納されるようです。

20093014.jpg 

イチイガシの老巨樹

景色はまさに・・・

神様のお庭でした。



安らぐ時間をいただけました