音楽のこと、楽しいこと、日々のいろいろを書いています
    
そうなるか・・・   
先に生まれていた孫達が
そう呼んでいたので
統一した方が紛らわしくないか・・・

ということで

息子くんが私の父と母を呼ぶ時は

じぃじ と ばぁば

ということになりました

オットさんのお父さん、お母さんは

おじいちゃん、おばあちゃん です。
(ただし、「お」が言い切れず
じいちゃん、ばあちゃんになります

私も、かえって違う呼び方の方が
息子くんも どっちのおじいちゃん、おばあちゃんの話をしているか
ハッキリとわかりやすいし
それで良いか~!!と
思ったりしてますが・・・

先月オットさんと息子くんと3人で
おじいちゃん、おばあちゃん、じぃじ、ばぁばの話を
たくさんたくさんしていたら・・・

やっぱり息子くん・・・
こんがらがってきてようです

ばぁば のことを

ばぁばちゃん!!!
と突然言いだしました

どうやら
おばあちゃんとばぁばが混ざったようです

私の母は

「なんだか、かわいい呼び方になったね~」
と大笑い

2週間ほどで
ばぁばちゃん から ばぁばに再び戻ってしまったので
つかの間のかわいい呼び方でしたが

息子くんが

ばあちゃん と ばぁば の話を
交互に興奮して話したりするので

しばらくは
かえって私が
息子くんが話しているのは
どちらのおばあちゃんのことか
ちょっぴり混乱してました

サロンコンサート   
昨日は 兵庫の西宮で開催された
サロンコンサートに出演させていただきました♪

ソロと歌曲の伴奏での出演。
ソプラノのあやちゃんとは
久しぶりの共演でした

ソロは再び子どもの情景より・・・
歌曲は、金子みすゞのたくさんの詩に中田喜直が曲をつけた
「ほしとたんぽぽ」という歌曲集からの抜粋でした。

「こだまでしょうか」や「わらい」
曲集のタイトルにもなっている
「ほしとたんぽぽ」などなど5曲。

素朴でかわいくて情緒にあふれて
味わい深さもあって・・・・・

心が穏やかで優しい気持ちになる
とっても素敵な作品でした♪

高校時代の同級生で
助け合いながら
いろ~んなことを話し合いながら
彼女がソプラノの道に進んでから
伴奏をさせていただき
一緒の舞台に立たせていただくことも多数あった
共に音楽の道を進んできた
あやちゃんとの再びの共演、

本当に本当に楽しかったです

休憩中には
ト音記号がついた
可愛くて美味しいケーキもいただき

耳もお腹も楽しいひとときを過ごせました


Viola&Piano Duoconcert vol.6   
あっという間に10月です

今月末には
えりぃちゃんこと
手島絵里子さんとの
デュオコンサートが開催されます!

20140902012601212.jpg
(画面をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。)

6回目となる今回は

「舞曲」

をテーマに

古いものから新しいものまで
いろんな舞曲を演奏いたします♪

私は
舞曲といえば外せない

ショパンや

ちょっと明るい楽しい舞曲も
演奏させていただこうかな!と思っています。

2人で交互に作品にまつわるお話をするスタイルも
定着??してきたかな??
と思いつつ・・・

2人なりの
違うところ

同じところ

1たす1は2以上!!!になるエネルギッシュなところ

2人のいろんな舞曲を楽しみに起こしいただければ幸いです!
みなさまのお越しをぜひぜひお待ちしております!!